バラエティ豊かな種類

記事リスト

2017年08月28日
時計ベルトにまつわる豆知識を更新しました。
2017年08月28日
大事に使い続ける時計ベルトを更新しました。
2017年08月28日
バラエティ豊かな種類を更新しました。
2017年08月28日
こだわりたいポイントを更新しました。

数種類のタイプ違いを持つ

時計のベルトは、その時計の印象を決める上でとても重要なポイントであり、素材や色によって大きく印象が変わります。ビジネスの時には、金属製のものを選ぶという方も多いのではないでしょうか?あまり派手になり過ぎず、スマートな印象を与える金属製のベルトは、仕事をするときにも良い印象を与えてくれるでしょう。
また、しっかりしているので、なんだか安心感もあります。
シンプルイズベストではめることができる時計です。
次に革のベルトの場合には、さらにレパートリーが広がります。
素材感によっても、カジュアルなものからエレガントなものまで取り揃えられていますし、ベルトの幅によってもガラッと印象が変わるものです。
一番は色合いだと思います。ベージュやブラックのように落ち着いた色であれば、オンオフどちらにも使用できますが、二本目3本目として持つならば、赤や青、緑といったちょっとオシャレ度を増すようなカラーを選ぶことで、ファッションにワンポイントアクセントを加えることができます。
何れにしても時計は数本持っていることで、おしゃれアイテムとして楽しむことができます、ら
価格帯もリーズナブルなものでも、かわいいもの、かっこいいもの様々に取り揃えられているので、ぜひ複数本持ちたいものです。

自分好みのベルト探し

時計ベルトは使っている材料はバックなどに比べると非常に少ないにもかかわらず、その値段は決して安いものではありません。つまり、時計ベルトというのはそのほとんどが時計のベルトに使われている材料費ではなく、革ベルトを作る技術料でできているのです。
高級腕時計の革ベルトは多くの場合クロコダイルかアリゲーターで作られています。これらのスイス高級時計メーカー御用達の時計ベルトはクロコダイルの革ベルトですと紳士もので4万5千円以上はします。
もちろん、スイス高級時計ブランド腕時計につける革ベルトは時計ベルトの中でも最高級品を選んでしかも革ベルトを作る職人も最高の技を持った職人に頼んで作っているので、これくらいの値段がしてしまうようなのです。
しかし、クロコダイルのベルトでももっと安価で購入できるものもあります。そのようなベルトというのは時計屋さんに売られている既製品の時計ベルトです。これらの時計ベルトならば2万円程度のものからあります。ですから、純正品の時計ベルトではなく、もう少しリーズナブルな時計ベルトが欲しいと思ったときには時計屋さんに売られている時計のベルトの中から自分の好みになったものを探すのもいいのではないかと思います。

注目の記事

時計ベルトにまつわる豆知識

アレルギーがある人の時計のベルトについて 時計を腕にするにあたってはどこのブランドのものにするか、またアナログかそれと…

詳細

大事に使い続ける時計ベルト

時計のベルトの保管の仕方 時計を見ていると、あれも欲しいこれも欲しいといくつも欲しくなったことありませんか。高い時計だ…

詳細

バラエティ豊かな種類

数種類のタイプ違いを持つ 時計のベルトは、その時計の印象を決める上でとても重要なポイントであり、素材や色によって大きく…

詳細

こだわりたいポイント

時計のベルトの種類には注意することもある 時計のベルトには金属や革といった種類があります。どちらにもメリットとデメリッ…

詳細

Copyright(C)2017 実用性とオシャレにこだわる時計ベルトの知識 All Rights Reserved.