こだわりたいポイント

記事リスト

2017年08月28日
時計ベルトにまつわる豆知識を更新しました。
2017年08月28日
大事に使い続ける時計ベルトを更新しました。
2017年08月28日
バラエティ豊かな種類を更新しました。
2017年08月28日
こだわりたいポイントを更新しました。

時計のベルトの種類には注意することもある

時計のベルトには金属や革といった種類があります。どちらにもメリットとデメリットがあり、使う人を選ぶ素材になっています。革バンドは水に弱く、手入れが大変となっています。汗をかく人は特に扱うのが大変ではないでしょうか。使用する季節にも関係してくるので、革ベルトを使う人は気にしながら使用しなければならないように感じます。ですが、水に強いワニやトカゲ、シャークなどの素材も存在します。水を扱ったり汗をかく人はこのような素材を選ぶと安心して使うことができるのではないかと思います。革のベルトはファッションに合わすことができるように、様々なカラーがありますのでおしゃれに敏感な人向きでもあるでしょう。金属のベルトは革ベルトと同じように水に弱く、さびてしまうこともあります。ステンレス製のものなら多少は問題ありませんが、少し安っぽく見えてしまうのが嫌という方もいるでしょう。
また、金属アレルギーを起こす可能性もあるので、金属のベルトの方が使う人を選ぶかと思います。しかし、金属のベルトは身につけているだけで落ち着いた雰囲気や大人っぽい雰囲気に演出してくれますので、上品さを与えるアイテムになるでしょう。全ては自分が気に入る方が一番ですので、自身に合うと思う方を選ぶことがおすすめです。

時計のベルトは金属製のベルトが良い

時計のベルトの素材といえば、皮が金属性のベルトのま2パターンが主流です。どちらにするかは好みに分かれます。革ベルトは味があり、見た目は良く見えますが、毎日使用して長く使うのであれば金属製のベルトが良いです。
時計のベルトは汗や皮脂汚れも沢山つきます。夏場は特にですが、長い時間つけていると腕が痒くなる時があります。そんな時にウェットティッシュなどで時計のベルトを拭くと、ウェットティッシュが真っ黒になることがあります。特に金属製のベルトの結合部分に汚れが溜まって真っ黒になっています。それを拭き取るとつけていて痒みもありません。見た目も金属の輝きが元通りのようにキラキラします。しかし、革ベルトは長く使用していると汗や汚れで、ベルトの色が変色したり、購入時よりも質感が悪くなり、艶感もなくなったりします。
以前に使用していた時計のベルトは革ベルトでした。非常に気に入っていて毎日のように使用していると、ベルトの部分が臭くなりました。もちろん交換もできますが、汚れるたびに交換をしていると費用もかかります。その為、日常的に使用するのであれば金属製のベルトが良いです。革のベルトの時計は毎日使用というよりも、時々や短い時間の外出、汗をかかなさそうな時に使用すると、良い状態で長持ちします。
金属製のベルトは汚れも拭き取れて、傷もつきにくく丈夫なので気にせず使用できるので好きです。

注目の記事

時計ベルトにまつわる豆知識

アレルギーがある人の時計のベルトについて 時計を腕にするにあたってはどこのブランドのものにするか、またアナログかそれと…

詳細

大事に使い続ける時計ベルト

時計のベルトの保管の仕方 時計を見ていると、あれも欲しいこれも欲しいといくつも欲しくなったことありませんか。高い時計だ…

詳細

バラエティ豊かな種類

数種類のタイプ違いを持つ 時計のベルトは、その時計の印象を決める上でとても重要なポイントであり、素材や色によって大きく…

詳細

こだわりたいポイント

時計のベルトの種類には注意することもある 時計のベルトには金属や革といった種類があります。どちらにもメリットとデメリッ…

詳細

Copyright(C)2017 実用性とオシャレにこだわる時計ベルトの知識 All Rights Reserved.